注文住宅でもプランによっては想像以上に費用を節約できる

SITEMAP

バイカラーの家

介護がしやすい注文住宅を建てるテクニック

家の模型と計算機

高齢で生活支援が必要な両親が暮らしやすい家を建てるためには、車いすを使った移動を考えて建物を設計する必要があります。特に介護中の世帯のために注文住宅を数多く施工してきたハウスメーカーを利用することが、両親をサポートをしやすいマイホームの実現にもつながります。また広い敷地の確保が容易な地域では、平屋建ての注文住宅は業者へ依頼したいと誰もが考えます。
しかし都市部では広い土地の購入が難しいために、介護しやすい家を建てるためには創意工夫が必要になります。ホームエレベーターの設置も考えて注文住宅を施工すると、介護が必要な高齢者も比較的容易に自立した生活が送れるようになります。しかしエレベーターの設置費用は高額であり、低予算で介護向けの家を建てたいときには、一階部分に暮らしの拠点を置くような設計にするべきです。
また斬新なデザインのプランを選ぶよりも、過去の施工事例の中から高く評価されているプランを選ぶ姿勢も肝心です。そして建物が完成したときに暮らすことになる、高齢者の意見を尊重しながら設計する姿勢も求められます。シンプルな注文住宅は工期が短いので、新居を待ちわびている高齢者も早期に新生活を始めることができます。

TOPICS

POST LIST

TOP