注文住宅でもプランによっては想像以上に費用を節約できる

SITEMAP

バイカラーの家

イメージ通りの注文住宅を忠実に建築してもらう方法

三角屋根の家

住まいへのこだわりが強い人は、5000万円以上の費用をかけても独自設計の注文住宅を建てたいと考えています。けれども注文住宅は業者へ依頼した場合でも、完成した建物がイメージと異なっていることが多いのも事実です。しかし設計の段階から施工業者や建築家との対話を重視すると、イメージ通りの家を忠実に建築できるようになります。
そのためには希望する条件を言葉で伝えるだけではなくて、イラストや間取り図を活用するなど、施主自身の積極的な取り組みも求められます。また散歩途中で見かけたお洒落な注文住宅を撮影して、その画像を施工業者の担当者に見せるという方法もあります。海外のインテリア系の雑誌の画像を参考にして、家の内装デザインを考える手法も魅力的です。
そして設計の段階で完成予想図や間取り図を使って議論を重ねることが、理想のマイホームを実現する最も良い方法です。けれども実際には敷地の面積が限られていたり、建ぺい率などの利用条件に大きな制約があることも多いです。そのような制約条件を克服したいときに役立つのが、狭小地向けの住宅建築に強いハウスメーカーです。70平米程度の敷地向けの施工実績が多いハウスメーカーに相談すると、商業地でも希望通りの家を建てることが可能になります。

TOPICS

POST LIST

TOP