注文住宅でもプランによっては想像以上に費用を節約できる

SITEMAP

バイカラーの家

大都市の狭小地の建て替えで注文住宅を選ぶメリット

建設中の家

オフィス街に隣接する大都市の中心部には、20坪程度の敷地に建築された住宅に住む家族が多数あります。そして建物の老朽化やライフスタイルの変化などのタイミングで、注文住宅は業者へ依頼したいという人も増えています。確かに建築費用が割安な既成のプランから選ぶことも可能ですが、狭小地に対応した間取りが多くないという問題もあります。
しかし注文住宅の施工を行っている業者に相談すると、15坪程度の敷地や間口が極端に狭い土地を使った家づくりも容易になります。また通勤や通学にも便利な大都市では、狭小地を活用したファミリー向けの間取りへの需要も大きいです。注文住宅に建て替えるときに三階建てにしたうえで、小さな空間を収納スペースとして活用するのがポイントです。
また変形した土地に建築された住宅であっても、部屋の形に合わせて収納家具を作ってもらうと、整理整頓も円滑に行えるようになります。一方で狭小地向けの注文住宅を建てるときには、設計に創意工夫が必要なので、建築コストが割高になるのが難点です。けれども建築家と相談したうえでシンプルなプランを選ぶと、コンパクトな敷地向けの施工費用も節約できます。しかもシンプルな外観のほうが修繕コストも安く、今後の外壁塗装の費用の確保も容易になります。

二世帯同居を検討中の人に大人気の注文住宅

70歳を過ぎた両親との同居を考えている人たちは、二世帯向きの注文住宅の建築に興味を持っています。確かに通常の建売住宅でも二世帯同居は可能ですが、プライバシーの確保が難しいという問題もあります。しかし注文住宅は業者へ依頼すると、両親の世帯と適度な距離を保ちながら快適な環境で生活できます。
また各家庭によってライフスタイルが異なるので、二世帯向きの注文住宅を建てるときには業者との打ち合わせを念入りに行う必要があります。特に建物全体をバリアフリー化して、老化が進行しても自立した暮らしが実現できる点にこだわるべきです。数多くのシニア層向けの住宅を建築してきた業者に相談すると、高齢者のニーズに合った注文住宅のプランもすぐに考えてくれます。
また同じ建物内で二世帯が行き来しやすい構造にする方法もありますが、完全に分離した長屋形式の注文住宅を建てるスタイルも注目されています。完全に二世帯を分離した構造であっても、両親世帯の近くに住むことで、万が一の場合にも迅速に対応することができます。また不動産の価値が高い都市部で二世帯住宅を建てるときには、賃貸併用型のプランを選び、家賃収入でローンの負担を軽減することも可能です。

リゾート気分が味わえる注文住宅の建て方

仕事で多忙な日々を送っているビジネスマンは、自宅ではゆったりと過ごしたいと考えています。そのためにマイホームの設計と施工を依頼するときには、リゾート気分が満喫できるような注文住宅を強く希望しています。施主のわがままも聞いてくれる業者に依頼すると、イメージ通りのリゾート風の注文住宅の実現も容易になります。
特に南国を感じさせるようなリゾート風の建物は、開放感のある室内でのんびりと過ごせるので大人気です。また注文住宅は業者へ依頼するときには、リゾート地の気分が味わえる建物の施工実績が豊富な点に注目するべきです。全国各地で別荘などを建築してきた業者を活用するのが、心と身体を癒やせるような居住空間を実現するための基本です。また木のぬくもりを感じさせる独自設計の家を希望している人は、ログハウス風の建物に強い興味を示しています。
そして耐震性にもこだわった住宅に強い工務店であれば、見た目はログハウス風でも重厚な構造の家を建てることができます。そして木目を生かした床材を活用するなど、木の魅力を最大限に引き出した建築プランも好評です。また完成した住宅に薪ストーブを設置すると、真冬も暖かい空間で快適に過ごせます。

東京近隣で注文住宅を建てるなら【BERK HOUSE】がオススメです。多彩なオリジナル建材のオーダーメイドのキッチンや家具を取り入れて人気のリゾート風など、こだわりの住宅を手に入れることができますよ。

TOPICS

POST LIST

TOP